top of page

産学連携が始まりました!貼り箱製作技術を使った紙加工商品の新しい可能性を求めて。


産学連携

専門学校名古屋ビジネス・アカデミー様との産学連携が始まりました!


貼り箱は、何か?を知っていただき、新しい角度から、商品や販路についての提案をいただくことが目標です。


まずは、野村紙器のプレゼンから


貼り箱のプレゼン

貼り箱について、野村紙器のビジョン、技術などを説明させていただきました。


貼り箱は、普段目にしているものの、箱に種類があることや製造過程が違うことなどは、やはりあまり知られていないようです。


貼り箱・雑貨

野村紙器のビジョン

紙を使った新しい価値を作り続ける会社になる


行動目標

1.箱の可能性を探ります

2.生活空間で紙の可能性を探ります

3.社会の中で紙の可能性を探ります


を伝えさせていただき、柔軟な発想をしていただくことになりました。


名古屋ビジネス・アカデミー

こちらからの条件は3つ


●紙自体を製作することはできません。紙を加工する会社です


●箱製作は印刷・箔押し・トムソンなど、協力会社が多数ありますので、弊社だけでなく、協力して製作する商品も可能です


●BtoBでの販売を考えています


生徒さんからの質問も予想していたよりも多く、真剣に取り組まれる姿勢が、とても嬉しかったです。


2ヶ月後に、生徒さんから、野村紙器の新しい可能性と販路をプレゼンしていただく予定です。


どんな発想が飛び出すのか、とても楽しみです。






Comments


bottom of page