紙の神棚、洋室に合う神棚を

洋室に合う神棚が欲しい!というお声から生まれた、紙の神棚。

洋室にさりげなく飾るようにおける、シンプルなデザインを目指しました。


FBにて、紙の神棚PJを立ち上げ、皆様の意見も伺いながらの開発。


「ただ単に紙で神棚を作るだけでなく、実際にみんなで神社にお参りに行って、そこで感じたことを商品に落とし込めないかな?」という発想のもと、まずは、フィールドワークとしてPJメンバーと尾張富士大宮浅間神社へ参拝へ。



とても神秘的な神社で、山登り?という感じの道を願い事の石を持って山頂まで登り、石を置いて、願いを叶えるという参拝も行われています。




宮司さんから、

でも、年配の人たちが毎日登って参拝するのはとても大変。

そこで、山頂から山麓に遷されたと伺いました。 昔の人たちの神様への思いが、少しずつ、みんなに参拝できる環境を作り上げてきたのだと感じました。


紙の神棚も同じで、お札を置いて神様に手を合わせたい気持ちはあるけれど、従来の神棚では、なんとなく置き辛い感じがあったり、お客様がきたときに、お札があるとなんとなく引かれてしまうのではないか、という不安から、置けないというお話を伺い、もっと身近に神様にお参りできる空間や時間を持ってもらえればという思いから生まれました。


それはきっと、ほんの少しでも、気持ちを整える時間につながると思うのです。


皆様にお届けできるように、販売環境を整えながら、発売イベントも行っていく予定です。 今後、ブログでもお伝えしていければと思います。