美濃和紙研修

こんにちは、オーダーメイドの貼り箱屋、野村紙器です。


いろいろな箱の可能性を求めて、美濃和紙研修に行って参りました。


まずは、株式会社シイングさんから。

シイングさんは、紙製品の企画から、製作、販売をされています。


社長さんより、美濃和紙の歴史や特性を教えていただきました。

製紙技術は、室町時代頃から、民間に広まっていき、川沿いを中心に紙漉きが始まっていったそう。

美濃は早くから、紙のクオリティが高く、人気の産地だったとのこと。


美濃和紙は薄く、繊維のキメが細かい、厚さが均一という、丈夫なことが特徴だそうです。


今でも、美濃では、紙製品を製作するためのシステムのようなものが、街に根付いているようです。


株式会社シイングさん

http://shi-ing.co.jp/


美濃和紙研修、パート2に続きます。


#和紙 #美濃和紙 #貼り箱 #オーダーメイド #伝統工芸 #職人