職人の連続技は信頼関係

貼り箱の貼り方に貼り分けという技術があります。


貼分けとは、柄が違う二種類の紙を貼って製作します。


まず、一人が一枚を半分貼ります。

通常の一枚の紙の場合、紙の上に箱を置きやすく、ズレがわかりやすいですが、これは半分なので、ちょっとわかりにくい。


次に、違う人が反対側の半分を貼ります。

ここで表に向けた時、上下の線が真っすぐに貼られていないと、かなりカッコ悪いです。


最後に全体を包み貼りします。


半分貼るとき、ズレれば失敗、反対側の貼りがズレても失敗。

最後の包み貼りも大事。

まさに、細かな職人技の連続なのです。


#貼り箱 #職人 #手仕事  #野村紙器

  • 株式会社野村紙器
  • Instagram Social Icon

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

Copyright  株式会社野村紙器 Package. All Right Reserved.