職人見習い、細かな職人技に奮闘

職人技って全体的に地味な物が多いのですが、地味で細かな仕事も多いのです。


こちらも細かな仕事。仕切りの組立。

貼り箱に仕切りはつきもの。


今回は試験管を立てるための仕切りということで、仕切りが細かい。


組立てていく順番も大事です。

まずは、周りから組立開始。


仕切りには事前に切込みが入れてありますので、切込みに合わせて組立てていくことになります。


が、力を入れすぎると仕切りの厚紙が折れてしまうので、仕切りめがけてしっかり組み込まなくてはいけません。

これが意外に難しい・・・


そして、仕切りをひっくり返してまた1方向にいれていきます。


一個丁寧に作るだけなら、そんなに難しくもないのですが、これを手早く、数多くしなければいけません。

私だと、集中力が切れてきて、スピードも落ちてきたりします。


慣れた職人さんは、手際の良さが全然違います・・・


簡単そうに見える作業ですが、こういう細かい仕事にも細かな職人技が効いているような気がします。


弊社では、貼り箱と共に仕切りもオーダーメイドにてお作りしています。

こんなものが入れたいんだけど…と、ご相談ください。


#貼り箱 #オーダーメイド #試験管立て #野村紙器