貼り箱に新しい価値観を・・・

先日、これからの貼り箱について、プレゼンをしてきました。

箱ではない箱

移り変わるライフスタイルと伝統技術を結びつけ、次世代に貼り箱の伝統と文化を伝えていければと考えています。

そのためには、今までの箱ではない箱作りを目指しています。



相変わらず、硬い表情のプレゼンで、突っ込みどころが満載ですが、伝えたいことは、まとめられたかなと思います。


・貼り箱は、しっかりとした作りの高級感のある箱

・職人の手で制作されている、明治より続く、歴史ある商品

・厚紙にニカワという糊で美しい紙を貼り合わせたエシカルな商品

・安全で軽く、落としても割れない特徴がある

・箱ではない箱に挑戦していく(箱+何か)

・ライフスタイルと伝統技術を結びつけ、伝えていく


そんな思いに同調していただける企業様、ぜひコラボをお願いします。

そして、販路をお持ちの企業様、ぜひよろしくお願い致します。


そんなことを話してます。