打ち合わせ.jpg

オリジナルを実現する相談力

オリジナルボックスを実現する相談力

 

 

箱にはサイズや強度、素材など、様々な条件や制約が求められます。

​初めてオリジナルの箱を作るときは、単にデザインを作成して箱製作会社に持ち込んでも、「これは技術的に難しい」「値段が高くなるけど大丈夫?」などと言われて、困ってしまう方も多いです。

野村紙器では、そうした方にも、どこが構造的に無理があるのかというところもご説明し、こうしたら可能かもしれない、この方が価格が抑えられる、といったご提案を交えながら、作り上げていくことができます。

また、全く箱のことがわからないお客様にも、どんな箱が適切なのか、お客様のイメージや商品のことを伺いながら、丁寧にご説明させていただきます。

ぜひ安心してご相談ください。​

1/1

​社長が職人

​職人の社長は、お客様のイメージする立体の箱を、頭の中で平面図に落とし込んで考えます。

だから、お客様のラフスケッチから、現実的に製作可能な形を相談しながら作っていけます。

箱づくりは、図面の製作から、断裁、組み立て、貼り、検品まで、分業で行っていますが、社長は全ての工程を行うことができます。

そのため、箱の構造的なことから貼りの仕上がりまで、技術的な面を含め、トータルで相談することができます。

社長以外にも、基本的に打ち合わせは、製作に携わっている職人が行います。

​技術的な面も理解し、箱の特徴などもわかるため、ご相談しながら、考えていくことが可能です。

サンプル製作もお受けできます。(有償になります)

老舗五代目社長

お客様と共に

創業依頼、お客様の身近な存在として歩んで参りました。それは今も変わりません。

弊社の社長は、職人ながら物腰が柔らかく、相談しやすいことも特徴です。

お客様の身近な存在であり続けること、真心で包むこと。

お客様の想いにお応えできるよう、職人の心を忘れず、お客様の身近な存在となれるよう、日々、精進すること。

 

お客様の想いを伝え、お客様の思いを守る貼り箱、美しい文化と伝統、確かな技術のある貼り箱づくりをすること。

​創業以来積み重ねてきた歴史と技術に、皆様のご愛顧により新たに加わった「伝統」「技術」を伝え続けることを生業としてきました。

​これからもお客様の身近な存在となれるよう、歩んで参りたいと思います。