貼り箱職人置き_edited.jpg

小ロット100個〜の対応力

小ロット100個〜の対応力

 

 

箱の発注は、1000〜3000個くらいのロットが一般的です。

これは多くの会社がすでに手作り体制から機械生産に移行しているので、1000個以下から製作するのは、採算が合わないことが多いからです。

 

野村紙器では、今でも職人による手作りの体制を維持しているので、1000個以下のご注文にも対応が可能です。

​最近では、新商品や新規開店で、まずは様子を見たいので、小ロットからギフトボックスを作りたいというお客様も増えています。

​今後の方向性もお話しながら、ご相談をさせていただきます。

 

100個を最低ロットとさせていただいていますが、100個以下をご希望なら、最小ロット50個〜のカスタムオーダーサービスのSHIKIORIもご用意しています。

また、年間で2000の発注をしたいが、置き場所がないため、300ずつ分納してほしい等のご相談にも乗らせていただきます。

1/1

機械と手作業を合わせた生産体制

 

 

通常ならば、型を作らなければいけない箱も、手作業を合わせることで、型を作らずに小ロットからお受けすることができます。

また、手作業を合わせるからこそ出来るような、複雑な箱も製作をしています。

 

手作業というと、職人1人が1個づつ作っていて、製作にかなりな時間を用するとご想像される方もいらっしゃいますが、機械と手作業を合わせた生産体制のため、流れ作業にて行い、生産効率も維持しております。

通常の箱であれば、多いときは、1日で1000個の製作を行います。​

1000個以上の場合は、型を製作した方がお値打ちの場合もありますので、その場合は、お見積もりの際にご提案いたします。

また、貼り箱の場合、年間で1000個以上の発注をしたいのだけれども、置き場に困るというお客様には、分納させていただくことも可能です。​

 

​ご相談ください。