ジュエリーボックスなギフトボックス、作り方までご紹介

最終更新: 1月12日

まるでジュエリーボックスのような、特別なギフトボックスのご紹介です。



コンタクトレンズメーカー「Refrear」様よりご注文いただきました。 こちらは「𝟷-𝙳𝙰𝚈𝚁𝚎𝚏𝚛𝚎𝚊𝚛𝚎𝚕𝚎𝚋𝚎𝚕𝚕𝚎」というカラーコンタクトブランド販促用の特別なもので、非売品用とのことです。


お客様より、イメージされているラフスケッチをいただき、そこから、ご相談を重ねながら、形にして参りました。


形のみならず、貼り紙や箔にもこだわりが詰まっています。


写真ですとわかりにくいですが、貼り紙は、白に上品なキラキラが少し入った紙を使用しており、リボンも光沢のある近い色の白で揃えてあります。



お客様がデザインされた箔押しを、フタの表面と裏面の2箇所に押し、豪華ながら上品な仕上がりになっています。


この貼り箱、実は製作にも大変手が混んでいます。



本体、フタ、引き出し、インロー、前貼り。

これだけの部品を使用しています。


厚紙で形を作ったそれぞれの部品を、それぞれに貼り紙を包むように貼っていきます。


貼り方も、部品によって変えていきます。



それを組み合わせ、背貼りで一体化させることで、ジュエリーボックスのような形にしていきます。



最後に、リボンを付けていきます。

これも、地味ですが、大事な作業。

リボン位置がずれないように、オリジナル道具を作ることから始まり、これに箱を置いて、角度を決めながら貼っていきます。



お打ち合わせもとても楽しく、お客様と作り上げた箱。

とてもステキな箱を製作させていただき、ありがとうございました。

お客様のその先のお客様にも、手にした時、キラキラした気持ちになっていただけたらいいなぁ。


Refrear様のネットショップはこちら













  • 株式会社野村紙器
  • Instagram Social Icon

このホームページに掲載されている記事・写真・図表などの無断転載を禁じます。

Copyright  株式会社野村紙器 Package. All Right Reserved.